Nov20th

「虚淵玄」作品 人気TOP5

Top / 「虚淵玄」作品 人気TOP5

皆さんこんにちは!稲見雅樹です。

今回は、シナリオライターの虚淵玄さんの人気作品を5つご紹介します!

虚淵玄とは

虚淵 玄(うろぶち げん、1972年12月20日 - )は、日本のシナリオライター、小説家。
株式会社ニトロプラス取締役。
元々小説家志望だったが、Leaf製作のアダルトゲーム『雫』『痕』からゲームが持つ表現の幅に確信を得てニトロプラスに入社。
同社のデビュー作となる『Phantom -PHANTOM OF INFERNO-』のシナリオを手がける。
映画愛好家であり、作品中にオマージュを挿入するケースが多い。
好きな映画監督は、黒沢清、セルジオ・レオーネ、ジョン・カーペンターなど。
また、幼少期はロボットアニメが好きで、影響を受けた作品として『装甲騎兵ボトムズ』を挙げている。

虚淵さんってニトロプラスの取締役だったんですね…!知りませんでした。

第5位 Phantom ~Requiem for the Phantom~

ニトロプラスのアダルトゲーム『Phantom -PHANTOM OF INFERNO-』を原作としたテレビアニメで、同社の10周年記念プロジェクト作品。
2009年4月から9月までテレビ東京系で放送された。全26話。
犯罪組織・インフェルノの暗殺者・ツヴァイは、ファントムの称号を持つインフェルノ最高の暗殺者・アインと共に、与えられたミッションをこなす日々を送っていた。
実はツヴァイは平凡な日本人旅行者だったが、インフェルノの幹部・サイス=マスターに暗殺者としての才能を見出されて記憶を消去され、インフェルノに取り込まれていたのである。
自分が本当は何者なのかも思い出せないながら、ツヴァイは心の奥底で組織の奴隷ではない生き方を模索し始める。
【スタッフ】
原作:ニトロプラス
監督:真下耕一
シリーズ構成:黒田洋介
キャラクターデザイン:山下喜光、佐々木睦美
           菊地洋子、門智昭
           つばたよしあき、芝美奈子
アニメーション制作:ビィートレイン

第4位 アルドノア・ゼロ

A-1 Pictures・TROYCA共同制作による日本のオリジナルテレビアニメ。
第1期は2014年7月から9月、第2期は2015年1月から3月まで放送された。全24話。
地球人類を職滅するために、巨人を操り空から降ってくる火星の騎士たち。
3人の主人公を中心に、火星と地球の戦いを描いた群集劇。
【スタッフ】
原作:Olympus Knights
   虚淵玄(ストーリー原案)
監督:あおきえい
シリーズ構成:高山カツヒコ
脚本:虚淵玄、高山カツヒコ
   大西信介、関根アユミ
キャラクターデザイン:志村貴子(原案)
           松本昌子
メカニックデザイン:I-IV、寺岡賢司
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:A-1 Pictures + TROYCA

第3位 魔法少女まどか☆マギカ

シャフト制作による日本のテレビアニメ作品。2011年1月から4月まで深夜アニメとして放送された。全12話。
略称は「まどか」、「まどマギ」。
願いを叶えた代償として「魔法少女」となり人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を、優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に描いたダークファンタジー。テレビアニメ本編の内容を元にした漫画、小説、ゲーム化のほか、世界設定を共有する外伝漫画作品などのメディアミックスが行われた。
虚淵は新房昭之、蒼樹うめ、シャフトとの共同筆名として「Magica Quartet」名義を使用している。
【スタッフ】
原作:Magica Quartet
監督:新房昭之
シリーズディレクター:宮本幸裕
脚本:虚淵玄
キャラクターデザイン:蒼樹うめ(原案)、岸田隆宏
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:シャフト

第2位 PSYCHO-PASS サイコパス

Production I.G制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品。
第1期(全22話)が2012年10月11日から2013年3月21日、第2期(全11話)が2014年10月9日から12月18日まで放送された。
2015年には劇場版が公開された。
舞台は、人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とし、それを数値化する機能を持つ「シビュラシステム」(以下シビュラ)が導入された西暦2112年の日本。
人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。
その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測され、たとえ罪を犯していない者でも規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた。
監視社会の中で働く主人公・常守朱を中心とする厚生省管轄の警察組織「公安局」の刑事たちの活動と葛藤を描く。
【スタッフ】
総監督:本広克行
監督:塩谷直義
脚本:虚淵玄、深見真、高羽彩
キャラクターデザイン:天野明(原案)
           浅野恭司、千葉崇洋(サブ)
メカニックデザイン:常木志伸
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:Production I.G
          タツノコプロ(新編集版)

第1位 Fate/Zero - フェイトゼロ

虚淵玄がTYPE-MOONから発表したライトノベルを原作としたテレビアニメ。TYPE-MOONとニトロプラスの初コラボレーション作品である。
第1期は2011年10月から12月、第2期は2012年4月から6月まで放送された。全25話。
奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の魔術師(マスター)が七人の英霊(サーヴァント)を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘劇、聖杯戦争。
3度決着を先送りにされたその闘争に、4度目の火蓋が切って落とされた。
【スタッフ】
原作:虚淵玄 / TYPE-MOON
監督:あおきえい
脚本:ufotable、佐藤和治、桧山彬
   吉田晃浩、実弥島巧
キャラクターデザイン:須藤友徳、碇谷敦
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:ufotable

どれも話題になった作品ばかりです。
特に僕はサイコパスが好きで、結末がわかっていても何回も見てしまいます。