Nov20th

「新海誠」作品 人気TOP10

Top / 「新海誠」作品 人気TOP10

皆さんこんにちは、稲見雅樹です!

今回は、「君の名は。」が国民的大ヒットとなったアニメーション作家・監督の「新海誠」さんが携わった作品の中から、特に評価の高いものをランキング形式でご紹介します。

新海誠さんに興味を持ち始めた人は、ぜひランキングを参考に作品に触れてみてください!

第10位 クロスロード(WEBアニメ)

新海誠と学習塾の「Z会」がコラボした約2分間のWEBアニメ。2014年公開。
塾もない離島から大学進学をめざす女子高生の海帆(みほ)とアルバイトをしながら受験勉強にはげむ都内在住の男子高生、翔太。
「Z会の通信教育」を通して、知らない間に人生が交差していく2人の物語。
特設サイト:http://www.zkai.co.jp/home/crossroad/

第9位 猫の集会

2007年にNHKのアニクリ15用に制作したショートアニメーション作品。
音楽は過去の作品同様に天門が作曲した。
4人家族に飼われている猫のチョビ。人間たちの無神経な振る舞いに苛立ちを募らせていたチョビ。
我慢も限界に達し、チョビたち飼い猫は集会を開いて人間への復讐計画を練るが……。

第8位 ほしのこえ voice of a distant star

2002年に公開されたアニメーション映画。
キャッチコピーは、「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」。
2039年、人類の調査隊は火星のタルシス台地で異文明の遺跡を発見したが、突然現れた異生命体によって全滅させられてしまう。
その異生命体はタルシアンと名づけられ、その脅威に対抗すべく国連宇宙軍が組織された。
2046年、中学三年生の長峰美加子は、国連宇宙軍のロボットのパイロットの選抜メンバーとなり、翌年にはタルシアンの追跡調査のため編成されたリシテア艦隊の一員として、同艦隊旗艦〔リシテア〕に乗艦、地球を発つ。
ほのかな恋心を抱く友人寺尾昇を残して。調査艦隊がタルシアンの痕跡を追って、地球から離れてゆくにつれ、ミカコとノボルの距離も光年単位で離れ、二人の携帯電話メールのやりとりにかかる時間も次第に長くなってしまう。

第7位 雲のむこう、約束の場所

2004年11月公開の長編アニメーション映画。
日本が津軽海峡を挟んで南北に分割占領された、別の戦後の世界が舞台。
1996年、北海道は「ユニオン」に占領され、「蝦夷」(えぞ)と名前を変えていた。
ユニオンは蝦夷に天高くそびえ立つ、謎の「ユニオンの塔」と呼ばれる塔を建設し、その存在はアメリカとユニオンの間に軍事的緊張をもたらしていた。
青森に住む中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は、津軽海峡の向こうにそびえ立つ塔にあこがれ、「ヴェラシーラ(白い翼の意)」と名づけた真っ白な飛行機を自力で組立て、いつかそれに乗って塔まで飛ぶことを夢見ていた。
また2人は同級生の沢渡佐由理に恋心を抱いており、飛行機作りに興味を持った彼女にヴェラシーラを見せ、いつの日にか自分たちの作った飛行機で、佐由理を塔まで連れて行くことを約束する。
しかし、突然佐由理は何の連絡も無いまま2人の前から姿を消してしまう。

第6位 彼女と彼女の猫

1999年制作の自主制作短編アニメーション作品。第12回CGアニメコンテストグランプリ受賞。
都会で一人暮らしをする彼女と、偶然彼女に拾われた一匹の猫の物語。
ある日、彼女の留守電に彼からのメッセージが入る。
新海作品の原点ともいわれているアニメーション。

第5位 だれかのまなざし

野村不動産グループ「プラウドボックス感謝祭(2013年2月)」のオープニングフィルム。
就職を機に一人暮らしを始めた社会人2年生の岡村アヤ、通称「あーちゃん」と、お父さん、お母さん、猫のミーさんが織りなすストーリー。

第4位 星を追う子ども

2011年5月7日公開の長編アニメーション映画。
これまでの新海誠作品とはかなり異なる作風となっており、ファンタジー要素がより強く、アクションシーンもこれまでより増えている。
ある日、父の形見の鉱石ラジオから聴こえてきた不思議な唄。
誰かの心がそのまま音になったような唄を、忘れられずにいた少女アスナに訪れたひとつの出会い。
お気に入りの高台に向かう途中、異様なケモノに襲われたアスナはシュンという少年に助けられる。
アガルタという遠い場所から、どうしても会いたい人と見たいものがあってやって来たと語るシュン。
2人は心を通わせていくものの、突然シュンはアスナの前から姿を消してしまう。
公式サイト:http://www.cwfilms.jp/hoshi-o-kodomo/top.php

第3位 秒速5センチメートル

2007年公開のアニメーション映画。題意は「桜の花びらが舞い落ちる速度」。
アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」やイタリア・フューチャーフィルム映画祭「ランチア・プラチナグランプリ」などの映画賞を受賞した。
東京の小学生・遠野貴樹と篠原明里はお互いに対する「他人には分らない特別な想い」を抱えていた。
しかし小学校卒業と同時に明里は栃木へ転校してしまい、それきり会うことが無くなってしまう。
貴樹が中学に入学して半年が経過した夏のある日、栃木の明里から手紙が届く。
それをきっかけに、文通を重ねるようになる2人。
しかしその年の冬に、今度は貴樹が鹿児島へ転校することが決まった。鹿児島と栃木では絶望的に遠い。
「もう二度と会えなくなるかもしれない…」そう思った貴樹は、明里に会いに行く決意をする。

第2位 言の葉の庭

2013年5月31日公開のアニメーション映画。
新海の初めての「恋」の物語と銘打っており、万葉集を引用している。
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は学校をさぼり、日本庭園で靴のスケッチを描いている。
そこで出会った、謎めいた年上の女性・ユキノ。
やがて二人は約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、心を通わせていくが、梅雨は明けようとしていた­…。
公式サイト:http://www.kotonohanoniwa.jp/

第1位 君の名は。

2016年8月26日公開のアニメーション作品。
東京に暮らす少年・瀧(たき)と飛騨の山奥で暮らす少女・三葉(みつは)の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と、1200年ぶりに地球に接近するという架空の彗星「ティアマト彗星」をめぐる出来事を描く。
新海作品としては初めて製作委員会方式を取っており、前作は東宝映像事業部配給、全国23館だったのに対し、本作では東宝が配給を担当し全国約300館という大規模な興行となった。
公式サイト:http://www.kiminona.com/

実は僕は、新海誠さんの作品は1つも見たことないのです。が、来年は少し挑戦してみようと思います!